SKE48「FRUSTRATION」のセクシーな振付はこうして生まれた
こんにちは、振付師クリエイトボーイです。

私たちが振付した曲の、振付に込めた想いやエピソードをご紹介しています。
今回は、SKE48「FRUSTRATION」です。

誰でもテンションが上がる1曲になっています!

歌っていないメンバーの踊りにも色々な意味や表現が施されているので注目してみてください!

スポンサーリンク

イントロ

SKE48 / FRUSTRATION

イントロは、足を大きく広げた大胆なポーズからスタートします。

曲のイメージであるセクシーさやレゲエを意識した盛り上がりを出すために、今まで見たことのないインパクトのある画にしたくて、この始まり方にしました。

足を広げたかなり大胆な振り付けだったのでメンバーのみんなも躊躇するかなと思ったのですが、SKE48に躊躇という文字はありませんでした(笑)

こだわったポイントは、リズムに乗って膝を上下に揺らすところとラップから始まるので手の振り付けを細かくしたところです。

♬ 騒げ!騒げ!騒げ!Hey!

SKE48 / FRUSTRATION

ここでは、フラストレーションが溜まっている様子を表現するために、頭の横で人差し指を回しています。

1番のAメロ

♬ 真っ青な空だって どこか雲くらいあるだろう

【振付秘話】SKE48「FRUSTRATION」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

この歌詞のところでは、後ろで踊っている歌っていないメンバーが音に合わせてリズムをとっています。

この振り付けは、MVの撮影場所であるロサンゼルスの少し危ない雰囲気や街で見かけた柵をイメージしました。

♬ しょうがない

【振付秘話】SKE48「FRUSTRATION」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

セクシーさを出すために、腰を使って腕が回っているように見せる振り付けにしています。

とくに須田亜香里さんは体のラインを使うのが上手く、セクシーに踊っていました!

1番のBメロ

さあ バカになれ!

【振付秘話】SKE48「FRUSTRATION」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

歌詞をイメージして、メンバーが色々な方向に指差しビーム「バカになれ光線」を放っています。

そして、メンバー全員もバカになっている様子を表現するために頭をグルグル回してサビに向かって盛り上がっていきます。

サビ直前には、メンバーがセクシーにポーズを決めるところもあるので注目してください!

1番のサビ

♬ アイシテルゼ 世界中

【振付秘話】SKE48「FRUSTRATION」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

サビでは、片方の手でコマネチを作っています!

センターの古畑奈和さんのセクシーさを上手く出せたらと思いこの振り付けにしました。

♬ 踊れ!オラオラ

SKE48 / FRUSTRATION

ここの腕を左右に振る振り付けは、ぜひ一緒に踊って欲しいポイントです!

♬ 騒げ!騒げ!騒げ!Hey!

しゃがみながらメンバーが自由に踊っているところなので、ぜひ注目してください!

それぞれがかなり激しくてカッコよく踊ってくれています。

2番のAメロ

♬ そう俺たちは楽しく生きるだけだ

【振付秘話】SKE48「FRUSTRATION」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

ここでは、手を左右に素早く振る振り付けがポイントです。

2番のBメロ

♬ さあ 熱くなれ!

メンバーのセクシーな表情に注目してください。

とくに野島樺乃さんは、表情がいつもと全然違ってとてもセクシーな印象になっています。

Dメロ

Dメロのラップでは、踊れるSKE48を見せたかったので難しくカッコいい振り付けにしました。

3番のBメロ

【振付秘話】SKE48「FRUSTRATION」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

メンバー全員が客席に向かって手のひらをヒラヒラと動かしてビームを放っています。

MV撮影秘話

急遽MV撮影の前日にメンバーが入れ替わる動きを取り入れたのですが、メンバーの対応力が素晴らしく見事に踊ってくれました! 

SKE48 / FRUSTRATION

泡が舞うシーンでは、私たちもカメラに綺麗に泡が映るようにお手伝いさせていただきました。

撮影中の天気は、雨降ったり晴れたりだったのですが、素敵なMVにすることができました!

まとめ

この曲を初めて聞いたときはかなり思い切った曲だなと思い、SKE48さんのセクシーな魅力をたくさん味わって欲しかったので、かなり攻めた振り付けにしました。

メンバーの皆さんも私たちの要望にきちんと応えてくれて、作品として良いクオリティで踊ってくれました。

ぜひ、たくさんの人に観て欲しい作品です!

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事