けやき坂46と出会った曲、日向坂46「JOYFUL LOVE」の振付はこうして生まれた
こんにちは、振付師クリエイトボーイです。

私たちが振付した曲の、振付に込めた想いやエピソードをご紹介しています。
今回は、日向坂46(当時:けやき坂46)「JOYFUL LOVE」です。

この曲の撮影場所は岐阜県にある不思議な建物が建てられている「養老天命反転地」です。

そして、MVの監督を務めた池田一真監督から”不思議なイメージを持った振り付け”というオーダーをいただき、規則があるようで少し不規則な、ズレている不思議な振り付けにしました。

柔らかく優しい雰囲気の曲とは異なったパキパキとした感じの振り付けに注目してください!

スポンサーリンク

冒頭のサビ

冒頭のフォーメーションは「虹の輪」を連想されるようなイメージにしました。

MVの撮影前から衣装で虹色を作るので虹色になるように並ぼうというテーマがあったので、このテーマに合わせて振り付けが寄っていきました。

日向坂46 『JOYFUL LOVE』

JOYFUL LOVEのメンバーの並び方は、 ラストのプールで横一列に並んでいるシーンがとても綺麗だったので、その印象を養老天命反転地での撮影でもフォーメーションに取り入れました。

♬ JOYFUL LOVE これは恋なのか?

虹をイメージした並びでの踊り、みんな爽やかに踊っていますが…

めちゃくちゃ斜め…(笑)

傾斜が本当にキツくて、メンバーやカメラマンさんが本当に大変そうでした…

1番のAメロ

♬ 見つめた瞬間

【振付秘話】日向坂46「JOYFUL LOVE」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

まず、両手で顔を覆って、「瞬間」のところで手をクロスさせて前を見つめます。

♬ ふいに言葉は邪魔になる

【振付秘話】日向坂46「JOYFUL LOVE」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

両手を前に出して手のひらを向けて”言葉”を表現します。

そして「邪魔になる」という歌詞の通り、手(=言葉)を握ってポイッと上に投げ捨てます。

♬ 心はとっくに通じているかもしれない

【振付秘話】日向坂46「JOYFUL LOVE」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

腕で目を隠していて、心が通じていないかと思いきや…

【振付秘話】日向坂46「JOYFUL LOVE」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

目を隠していた腕をスライドさせて、「通じているかもしれない」という歌詞の世界観を表現しました。

1番のBメロ

♬ 誰も生きてれば嫌なこととか 傷つくこといくつもあるよ

歌詞通り、生きている中での嫌なことや傷つくことに対して反抗している気持ちを胸の前で腕を複雑に動かすことで表現しました。

♬ だけど君と出会ってから変わった

日向坂46 『JOYFUL LOVE』

ここのMVでは柿崎芽実さんが歩いている横の丹生明里さんにぜひ注目してください!

普段の明るい丹生明里さんのイメージとはギャップのあるクールな雰囲気が出ています!

実は丹生明里さんがポーズを取っているすぐ横は崖になっていて、観ているこちら側はすごいドキドキしていました…

♬ 俯くより顔を上げた方が

ここは前で歌っていた丹生明里さん金村美玖さん、河田陽菜さんの3人が立ち位置を後ろに移動するために後ろ向きになってしまうのですが、後ろを向いていても3人の表情がめちゃくちゃ素敵なんです!!

気持ちを込めてやってくれていて、伝わりにくいですが3人の背中から感じるものがあると思いますので注目してみてください!

1番のサビ

サビでは養老天命反転地をイメージした不思議な振り付けになっています。

♬ そっと包み込んでしまうよ

ここの動きや変化はぜひ注目して欲しい推しポイントです!

”エグ味”のある左手が、優しさのある手に徐々に変化していきます。

♬ 風が木々を揺らすように 笑顔は連鎖して行く

歌詞のように柔らかく可愛い振り付けになっていて、この後の「JOYFUL LOVE」という歌詞につながっていきます。

2番のAメロ

♬ 本当のやさしさは してあげることではなくて

歌っていないメンバーの優しく見守ってあげる振り付けに注目してください。

♬ 穏やかになれることだろう

日向坂46 『JOYFUL LOVE』

ここのMVでは、松田好花さんがエレベーターのように上から下がっていくところがおすすめポイントです。

2番のBメロ

日向坂46のメンバーの一体感が発揮されたシーンで、揃えるのがとても上手だなと感じました。私たちは振り付けを考える時に歌うパートのメンバーが見易くなることを大事にしています。

2番のBメロでは立ったり座ったりアップダウンがとても激しく、その中で歌うメンバーも変わって行くので振り付けが揃わないと見えづらくなってしまいます。

しかし、日向坂46は膝をつくタイミングや腕を伸ばす速さ、踊りのテンションなどがピッタリあっていてとても綺麗に見えるんです!!

日向坂46はメンバーそれぞれが他の人をみながら、意識を共有してくれるので、毎回良い作品になるんだなと感じています。

2番のサビ

♬ 辛いことあった時は理屈じゃ解決しない

日向坂46 『JOYFUL LOVE』

ここはMVの佐々木美玲さんの振り向くシーンがとても印象的でした。

数秒だけでキュンとさせられました!

間奏

間奏では振り付けが上下に分かれます。

後ろの列のメンバーが立つところは、難しい振り付けをメンバーが踊ってくれているので、一つの見せ場になっています。ぜひ注目してください!

最後のサビ前(落ちサビ)

♬ どんな悲しみだって そっと包み込んでしまうよ

【振付秘話】日向坂46「JOYFUL LOVE」振付師本人がダンス解説します【フリフリトーク】

歌詞の通り、歌っているメンバーを他のメンバーが包み込みます。

みんなで包んで、みんなで広がっていくとても良いシーンになったと思うので、ぜひライブなどでチェックしてください。

最後のサビ

最後のサビはプールのシーンがとても素敵です。

♬ JOYFUL LOVE これが恋なのか?

日向坂46 『JOYFUL LOVE』

MV秘話を紹介します!

プールのシーンでは、衣装のスカート丈が長くて一瞬でビシャビシャになってしまいました(笑)

なので、衣装さんが一生懸命ドライヤーで乾かしている姿が印象的でした。

最近のライブでは会場中の皆さんで虹を作ることが定番になっているのですが、これを初めてみたときはとても感動しました…!

日向坂46 『JOYFUL LOVE』

冒頭のサビでも紹介しましたが、ラストの円を描いて寝転がるシーンも傾斜がありました。

頭が坂の下側にあるメンバーはカットがかかってからも起き上がれなかったので私たちが助けに行きました(笑)

スポンサーリンク

Twitterでフォローしよう

おすすめの記事